被災していた「DASH村」復興を誓うぞ!

| コメント(0) | トラックバック(0)
TOKIOが出演している「DASH村」では、米を作り、野菜をつくり、井戸をほったりと
手作りの小さな村づくりをしていましが、先月のおこった東日本大震災では、この村も
被災地となっていましたね。この村の地元の協力者や動物は現在は、各地に避難し
ている状況で、村として機能はしていない現状です。
この「ザ!鉄腕!DASH!!」(日曜 後7・00)では、普段わたしたちが忘れている
古き良き日本の農村生活をTOKIOの5人が体験していて、見ているわたしたちもいつ
も和めるようなDASH村へは愛着があったのですが・・・。
わたしたち以上に強い思いがあるのは、もちろんTOKIOの5人だとは思います。

このDASH村は2000年からTOKIOが開墾し、さらに家を建て、土を耕して作物を
作ってきたわけですが、この村の場所を明かしていませんでしが、どうも福島第1
原発の事故で避難区域に指定された福島県内にあるようです。
その村には、震災直前まで番組のスタッフさん、さらに農業指導の三瓶明雄さん、
村人の山口礼斗さんらがいたそうですが、すぐに区域外に避難したそうです。その
ときには、村で飼育されていたヤギの八木橋一家、 羊のシロとテン、アイガモ、
柴犬の北登も群馬県の伊香保グリーン牧場に避難したそうで、なんとか無事です。

でも、みんながバラバラになった感じでなんとも切ないですね。TOKIOにしてみれば
テレビには映っていない地元の人々にもたくさんお世話になった10年という気持ちも
あるでしょうから、なんとか、DASH村を復興したいという気持ちは強くなるばかりの
ようです。それでも、原発問題が先のみえない不安を抱えたままなので、復興の道は
遠いものになるのかもしれませんね・・・。でも、いつかは、という気持ちがあれば、必ず
かなうものだと信じたいですね。

日本テレビの発表では、DASH村の詳細場所や詳 しい状況などについては、今月の
24日の放送で明かされそうです。避難区域に入っているのなら、なかなか撮影は難し
いものかもしれませんが、あの自然豊かなDASH村がどうなっているのか、気になり
ますよね・・・。
今、東日本全体が復興へむけて歩き出したばかり。みんなが出来ることで支援してい
こうとしています。長期的な支援が必要ですから、みんなで手をとりあって応援していき
たちですね!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.wisconsinpoet.com/mt/mt-tb.cgi/6

コメントする

このブログ記事について

このページは、amicomが2011年4月21日 00:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「以外と知られていないのが二次会の服装マナーかな?」です。

次のブログ記事は「友人の結婚式 披露宴の服装は何がいいかな?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。